アドラーフォーの成分は危ない?カフェインではありませんでした

アドラーフォー 成分 アドラーフォー

アドラーフォーの成分はカフェインなどではなく、ポリフェノールの一種のロスマリン酸をベースに、GABAやビタミンB1やB16を配合されていました。

エナジードリンクや栄養ドリンクと違いも調べてみました。

アドラーフォーの全成分

アドラーフォー 成分
アドラーフォーの成分

アドラーフォーの成分は下記の通りです。

アドラーフォー全成分

レモンバーム抽出物(レモンバーム抽出物、マルトデキストリン)、還元麦芽糖水飴、γ-アミノ酪酸(セルロース、クエン酸、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、香料、ビタミンB1、ビタミンB6)、スクラロース、ステビア、ビタミンB12

あれ?GABA入ってないじゃん?と思った方へ

 γ-アミノ酪酸

Gamma Amino Butyric Acid の頭文字を取ってGABA。

Blunesse®︎とGABA、ビタミンB6、ビタミン12などをバランスよく組み合わせられていました。

アドラーフォー カロリー

エナジードリンクといえばレッドブルやモンスターエナジーで、100ml当たり40kcal~50kcalあるので断然アドラーフォーが低カロリー

レモンバーム抽出物がブルーネス(Bluenesse🄬)です。

1日3粒が飲用目安となっており、3粒あたりのカロリーは2.82kcal。

さらにガムを食べるよりも低カロリーだし、行儀の悪さも軽減できました。副作用が心配されるカフェインが入っていないので、安心して飲めて常用性も心配ないのも魅力の一つ。

レモンバーム抽出ブルーネス(Bluenesse🄬)とは?

ブルーネスは即効性と常用性の安全性に優れたレモンバームの抽出成分。ブルーネスは記憶力や注意力の認知機能と、ストレス、睡眠の質の低下などメンタル的な部分のサポートが効果といえます。

シソ科の多年草で、原産地は南ヨーロッパ。

神経・情報・活性酵素に作用があるそうで。レモンバームにロスマリン酸が豊富に含みロスマリン酸の効能は脳の健康に注目され東京大学でも積極的な研究がおこなわれていましたよ 。

 ロスマリン酸

アドラーフォーに配合されている「ロスマリン酸」は臨床試験のデータをもとに安全性、リスク管理がされ日本に初上陸した成分です。ドイツの薬剤師資格を保有した博士が携わっていました。

製品ロットごとにブルーネスの効果を実証するための試験が常に行い発送されていました。

そのためアドラーフォーはどの製品よりも最高のパフォーマンスの達成できるようになっていました。

ロスマリン酸

ロスマリン酸は食べ物や飲み物からでも摂取できるのか調べてみたら意外と身近な存在でしたよ。

レモンバームはセイヨウハッカともいわれ、古くからハーブティーとしても利用されストレス緩和にも効果が確認されているそうです。

集中力を増したりするだけでなく、落ち着かせる効果もあり気分が落ちているときに飲んでも効果的だそうです。

アドラーフォーはエナジードリンクとは違う?

  • 仕事の効率を上げたい
  • 商談や大事なプレゼンに集中したい
  • ストレスを大きく感じてい

などの直前に1回3粒を飲み、オススメのタイミングで3時間のパフォーマンスを期待できます。

エナジードリンクや栄養ドリンクと違う?

アドラーフォーと栄養ドリンク違い

栄養ドリンクやエナジードリンクと大きく異なるのが成分です。

 栄養ドリンク(医薬部外品)

タウリン

 エナジードリンク(清涼飲料剤)

  • アルギニン
  • 気持ち的に余裕がない時
  • カフェイン

アドラーフォーで集中力を向上させたいと、1日の目安3粒以上の飲用は推奨されていません。販売元確認済み。

スマートドラッグの類い?

アドラーフォーはスマートドラッグの類なのでしょうか?

スマートドラッグをリサーチしてみると、中高生が頭がよくなる、集中力が高まると言われており、過剰に飲むと脳内のセロトニンを強制的に増やすことを目的としているようです。

主に国内よりも海外の学生が利用していることがわかりました。

  • 抗うつ剤
  • ADHD剤

などがスマートドラッグの一例として挙げられます。

アドラーフォーはスマートドラッグとは真逆に位置すると考えます。

なぜならばアドラーフォーは、GABAやビタミンB6、12を配合し神経伝達を穏やかにサポートが考えられていました。

どちらかというと、リラックス効果をもたらすのでは考えたんですよね。

記載に間違いなければ食品レベルで、スマートドラッグとは言えないのではないでしょうか。

アドラーフォーを購入し飲んだ口コミは下記で読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました